Project

ゴロンドリーナの作品のコンセプトである架空の街「ルアトタウン」。
この街の物語に迷い込み、体験できる大型作品を「プロジェクト」として制作を行っています。

製品ラインナップとは違いこの作品の制作にはとても長い時間を必要としますが、いつか展示会としてお披露目できる日を目指してコツコツ進めています。

ルアトタウン

ゴロンドリーナの製品はすべて、架空のまち「ルアトタウン」の伝統技術“木工ロクロ技術”を用いて作られています。

ルアトタウンは建物や路地などにどこかヨーロッパの雰囲気を感じさせる古いまちです。すべてのものが手仕事によって作られ、自然と産業のバランスが上手に保たれたこのまちのモノは、私たちの生活サイズと比べると、おおよそ1/10のサイズになります。

このまちの一角にある老舗のインテリアショップには、ショップオーナーのゴロンさんと駆け出しの木工職人・チェオが働いています。二人はルアトの伝統技術を大切にしつつ、まちに暮らす人々がワクワクするような製品を生み出しています。 そう…じつは、このゴロンさんたちが生み出した製品を、私たちの生活サイズに合わせてリサイズして作ったものが、ゴロンドリーナの製品なのです。

Project

ゴロンドリーナの作品のコンセプトである架空の街「ルアトタウン」。
この街の物語に迷い込み、体験できる大型作品を「プロジェクト」として制作を行っています。

製品ラインナップとは違いこの作品の制作にはとても長い時間を必要としますが、いつか展示会としてお披露目できる日を目指してコツコツ進めています。

ルアトタウン

ゴロンドリーナの製品はすべて、架空のまち「ルアトタウン」の伝統技術“木工ロクロ技術”を用いて作られています。

ルアトタウンは建物や路地などにどこかヨーロッパの雰囲気を感じさせる古いまちです。すべてのものが手仕事によって作られ、自然と産業のバランスが上手に保たれたこのまちのモノは、私たちの生活サイズと比べると、おおよそ1/10のサイズになります。

このまちの一角にある老舗のインテリアショップには、ショップオーナーのゴロンさんと駆け出しの木工職人・チェオが働いています。二人はルアトの伝統技術を大切にしつつ、まちに暮らす人々がワクワクするような製品を生み出しています。 そう…じつは、このゴロンさんたちが生み出した製品を、私たちの生活サイズに合わせてリサイズして作ったものが、ゴロンドリーナの製品なのです。

Project01.移動式遊園地

主な素材
アトラクション特徴人力・アナログ手法
建造物構造すべて組み立て式
装飾イメージヨーロッパの古い町並み
雰囲気イメージ暖かでどこか懐かしい
面積約30x50m